まつのBLOG ~We like vegetables !

野菜が大好きな貴方に
「もっと野菜を知って頂きたくて。」
「もっともっと好きになって頂きたくて。」
そんな願いが貴方に届きますように。

カスタマーサービス

先日、店舗様より
「玉子がカラスに食べられている」
という連絡をいただきました。
慌てて、交換に伺ったところ、
見事に段ボール箱を突き破って
食べられておりました。
DSC_0330
DSC_0331
店舗様とお話させて頂き、
今後は
蓋つきのコンテナに入れて、
納品させていただくこととなりました。

DSC_0406
お客様の大切な商品を
しっかりとお手元へお届けできるよう、
お客様の声に耳を傾けながら
スタッフ一同一丸となって取り組んでまいります。

お客様より、

「納品書をとめる際に
”ホチキス”を使わないで欲しい」

とのご要望を頂戴致しました。


まつのでは3年前から
現場作業所だけでなく、
事務所内でもホチキスの使用を全面禁止

としています。
これは平和島センターだけでなく、
関西センターにおいても、
同様の対応をしております。


代わりとして「針なしホチキス」を使用。
DSC_0009'
切って紙同士をかみ合わせるため、
穴は開きますが、
異物が混入することはありません。
またゴミも出ないため
エコロジーでもあります。
DSC_0010'
誤って使用することが無いように
使用していたホチキスと針は
全て回収しております。


外食産業、食品工場での
異物混入が相次ぎ、
予防策を講じているお客様が
増えてきております。

今後もお客様のご要望に
逸早くお応えして参ります。


対応開始当時のブログはこちら

http://www.matuno.co.jp/blog/blog.cgi?n=1128&search_word=%83z%83%60%83L%83X

「レモンを切ると中が腐って黒く変色している」
と言うお電話を
この1週間で
数件のお客様から頂戴しました。
0122葛西
同クレーム多発の原因は?

今回の多発の原因を

輸入元に確認したところ、

輸入して日本国内に入ってきてからの

滞留品は無く、
恐らく果樹が生育中に
中腐りを起こす菌の病気にかかった為、
今回入荷したレモンのロットの中で
品質不良がまとまって出てしまったと
考えられます


通常であれば、

1つのブランドで

不良が出てしまった場合、

即日別のブランドで、

という対応を取っております。

しかし今回は即有効な対応を取ることが

難しいという現状があります。


現在、即有効な対応ができないのは?
昨年10月に始まった
アメリカ西海岸における港湾労使交渉が
現在も長引いている影響で、
アメリカから日本への
様々な輸入品の入荷量が激減しております。

レモンにおいても輸入量が激減しており、
規格やブランド等を指定しての
商品の調達が出来ない状態です。

レモンと同様、
オレンジグレープフルーツ
同じように影響が出ており、
早く収まってほしいこの米労使交渉ですが、
いつ終息するのか…
まだ先が見えないのが現状です。

現在、下記対応を行っております。

①品質不良の出たロットの入荷を
中止する
②同ブランドであっても
別ロットを手配する

③㈱まつのへの入荷分より
ロット毎に試し切りを行い、
ランダムではありますが
中の品質確認を行ったものを使用する

上記のような対応を速やかに行い、

出来る限りの良品をお届け出来る様、
努力してまいります。

 

↑このページのトップヘ