皆さま、こんにちは!

東京のまつのベジフルサポーター
ジュニア野菜ソムリエ
友実秀子です。

東京の伝統野菜東京うど」

前編では、地下に広がるのうど室での
収穫体験の様子をご紹介しました。

☆前編もぜひご覧下さい。
真っ白な「東京うど」で春を先取り〜前編〜収穫体験♪
http://blog.matuno.co.jp/archives/1050078277.html

後編では「東京うど」お料理
ご紹介します


収穫体験をさせていただいた後には
「にごりや農園」の奥様、小野久枝さん
直伝の『うど尽くしのお料理』
堪能させていただきました

手前左から
『酢醤油漬け』『胡麻和え』
『オータムポエムと塩にんにく炒め』
『甘酢漬け』、『油揚げと煮浸し』
いろいろな味と食感が楽しめます。

漬物などにするときには、サッと固めに。
水から入れて沸騰したらすぐに
取り出すくらいに茹でるのが
ポイントだそうですよ(^^)

こちらは
奥様手作りの『ローストビーフ』
生のうどを添えて。


皮付きの東京うどと春菊を巻いて、
小平産のレモンを絞って。
生のうどの風味を楽しみながら、
サッパリといただけます。

『いなり寿司と巻き寿司』


すし飯の中には甘酢漬けの東京うどを
刻んだものが入っています。

そして『煮だんご』


こんにゃく芋から手作りした
こんにゃくや小麦粉で作っただんご、
根菜入りのけんちん汁に、
ぶつ切りの東京うどが入っています。
奥様手作りの柚子唐辛子を加えると、
爽やかな香りと辛味で更に美味しく
いただけました。

「東京うどはクセがないので、大根の
ように使えばいいのよ」とのこと。
本当にどんなお料理にも使えそうです。

こちらはとっても新鮮だった
『うどのグラタン』


ホワイトソースの代わりに
カリフラワーとコンソメのピューレを
使っているそうです。
カロリーも抑えて、
あっさりいただけますね 

デザートもうど入り   
『ヨーグルト・ブルーベリーソース』


柚子の果汁で煮た東京うどを
小平産ブルーベリーのコンポートに入れ
チアシード入りのヨーグルトにかけて。
デザートに入れても全く違和感なく、
とても美味しかったです 

奥様曰く「このランチだけで一人400g
くらいのうどを食べている」のだとか‼️

うどの食物繊維でお腹もスッキリするし
疲労回復や風邪予防にも
なるそうですよ

収穫したばかりの「東京うど」
切って出して下さいました。


皮付きののものと、
皮を剥いたものを食べ比べ。 
採れたての「東京うど」はアクもなく  
とってもジューシー  
ちょっと甘みの少ない梨みたい 
皮付きのものもうぶ毛を気にせず
そのまま食べられます 

皮付きでそのまま食べられるのは
新鮮な「東京うど」ならではですね!

光や風を極力避け、真っ暗な「うど室」
の中で、一つ一つ手作業で
大切に育てられた「東京うど」

農家の方々が苦労して育てている様子を
拝見すると、なおさら美味しく、
愛おしく思えますね 

収穫体験からうど尽くしのランチまで、
「東京うど」を1日
満喫させていただきました(^^)

スーパーなどではなかなか目にすること
のない「東京うど」 

にごりや農園さんでは、12月中旬から
3月初旬まで、地方発送もしてくださる
そうです 

また、「東京うどの収穫体験&うどを
使ったランチ」のほか
「生のかしわの葉でかしわ餅作り」
「こんにゃく作り」などのイベントも
開催しているそうですので、ぜひ
ホームページの方もご覧下さいませ。

にごりや農園
東京都小平市小川町1-185
042-341-6440
y-ono@camel.plala.or.jp
http://www9.plala.or.jp/nigoriya/ 


写真は「にごりや農園」の小野義雄さん
と奥様の久枝さんです。

お土産にいただいた「東京うど」
私もいろいろお料理してみました 


個人ブログでもご紹介していますので、
よろしければご覧ください。
 
「収穫仕立ての「東京うど」を 
3色のデップソースで❤︎」

春の訪れを感じる独特の風味と食感が
味わえる「東京うど」
春を先取りしたお料理を
ぜひ楽しんでみて下さいね 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

東京のまつのベジフルサポーター
ジュニア野菜ソムリエ
友実秀子