兵庫県のまつのベジフルサポーター
アクティブ野菜ソムリエ
フードライターの坂田理恵です。

11月23日、兵庫県朝来市では、
岩津ねぎ」が解禁となりました。

ボージョレ・ヌーボーならぬ、
ねぎヌーボー
(笑)

生産者さんや近隣住民のみなさん、
兵庫県民が心待ちにする、
ねぎヌーボー。
さて、いったい
どんな「オネギ」なのでしょうか??
IMG_2369_b

兵庫県朝来市にある道の駅
但馬のまほろば」では、
11月23日(祝)に、岩津ねぎ
解禁イベントが開催されました。
IMG_2731_b
まるでワインのように、
新物の出荷が一斉に解禁となり、
販売が開始されます。

昨年から、解禁日が
11月23日に固定され、
岩津ねぎの即売会や軽食の販売、
イベントなども行われていました。
IMG_5748_b

実はこの岩津ねぎは、
群馬の下仁田ねぎ、
福岡・博多の万能ねぎとともに、
日本三大ねぎとよばれ、
兵庫県のホームページにも、
紹介されています。

朝来市岩津町で
栽培され始めたことから、
岩津ねぎの名で
親しまれるようになりました。
DSC_7077_b
昨シーズンになりますが、
JAたじま岩津ねぎ部会の
井上部会長様をお訪ねして、
岩津ねぎの取材を
させていただきました。

その時の様子をご紹介しますね。
DSC_7082_b
兵庫県朝来市周辺の但馬エリアは、
降雪量の多い地域で、
岩津ねぎの栽培には、
雪除けネットを使用します。

江戸時代末期、岩津ねぎ
生野銀山で働く人々の
冬の栄養源として
食べられていたといい、
古くから、この地域で
愛され続けてきた品種です。

独特の辛味成分、硫化アリルには
消化促進や抗菌作用があり、
緑色の葉の部分には、
ビタミンB群も豊富に含まれています。

疲労回復やカラダを温める作用があり、
ねぎ内部のとろりとした
卵白のようなムチンには、
粘膜を保護する働きも。

そしてこの粘り成分
ムチンのおかげで、
氷点下でも凍らず、
雪のなかで栽培できるのだそう。
DSC_7084_b
毎年5月頃に種を蒔きますが、
岩津ねぎには厳しいオキテが!

商標登録も行われている岩津ねぎ
生産組合で採取した種子だけを
使用する決まりになっていて、
脈々とその歴史と伝統が
守り継がれているのです。

芽が出て苗が育つと、
6~8月頃までに畑に定植しますが、
夏の間は成長せず、暑さにじっと耐え
夜の気温が下がる9月頃に
ようやく少しずつ大きくなります。
DSC_7034_b
このフォーク、まっすぐですね。
収穫する際に、
キズがつきにくいように、と、
井上部会長が独自に考えた
岩津ねぎ専用まっすぐフォーク
なんですよ(笑)

とても大切に育てられている
「オネギ」なのでした。
DSC_7032_b
成長に応じて15日に1回程度、
合計4回土を寄せて、
陽が当たらない部分を確保。

土の中に隠れているところが、
白くなるのですね。
陽に当たる部分は緑色になります。

白い部分が約25センチになると、
ようやく出荷が始まります。
寒さに当たり、
緑色の葉が黄色くなるのは
おいしくなったサインなのだそう。
DSC_7073_b
収穫後、水洗いすると
劣化してしまうので、
風圧で土を飛ばし、布で汚れを取り
出荷されます。

5月の種蒔きに始まり、
3月頃まで収穫は続くので、
なんと、10カ月もの長い間、
丁寧に育てられているのですね。

岩津ねぎは、白い部分だけでなく、
緑色の葉もやわらかく、
まるごと全部食べられます。

生産量に限りがあるため、
おもに兵庫県内で消費されますが
5年ほど前から、関東方面へも
出荷されるようになりました。

11月23日から3月頃までの
期間限定出荷で、
冬にしか味わえない逸品です。

今年の冬は、
日本三大ねぎの岩津ねぎ
ぜひ味わってみてくださいね。

お問い合せはJAたじま
和田山営農生活センターへ。

HP→http://www.ja-tajima.or.jp/


兵庫県のまつのベジフルサポーター
アクティブ野菜ソムリエ
フードライターの坂田理恵でした。