こんにちは!
初の投稿させていただきます。
福岡のまつのベジフルサポーター
野菜ソムリエの
永利裕子です。
どうぞよろしくお願いします。

私は最近まで八百屋で働いていましたので
今回は仕入れ先でもあった、
福岡県南部筑後地方にある
地方市場(浮羽青果)をご紹介します。

県内には、3つの中央卸市場と
23の地方市場があります。
地方市場には規模が小さいからこその
特色があるんです・・・。
IMG_0121
*旬がよくわかる

転送品と言って、
他市場から届く商材もあるのですが
近隣で契約している生産者や、
個人出荷されている地場物が
7割程を占めます。

なので旬よりも、もっと細かい時どきの
野菜や果物に出会えるのです。
IMG_0113
手前に山積みになっているのは
漬物に使用される高菜。
そのほか、クレソン、せり、セロリ、つくしなど、
春を感じるものが揃います。

先週は、原木椎茸の出荷量が多くて
価格もかなりの安価だったとか。
今日は前日の雨の影響もあって
全体の出荷量が少ないです。
IMG_0108


*少量でも出荷できるから、個性がある。

極端ですが、つくし1箱でも出荷OK。
それで、せりやクレソンも自生の物が
並んでいます。
もうしばらくすると、天然のタラの芽や
コシアブラも出てくるでしょう。

夏は、もちきびやささげ豆など。
浮羽は「フルーツの里」と呼ばれ、
桃に始まる6月を皮切りに
梨(青梨から赤梨まで)や
8月中頃からは本場の巨峰が
場内を染めます。

秋は、自生のアケビや、
アケビにそっくりのヌべなど。
数回しか見ない、花梨やいくり、杏も。
そうそう、秋から冬にかけては、
柿1色に染まる時期も長くあり、
その様は圧巻です。

浮羽は西日本でも有数の
富有柿産地なのです。
価格も安くて、美味しいですよ!
IMG_0117

*競りはかけ引き?

規模が小さいとはいえ、
売上高は年間12億円の市場で、
買受人は登録数で約50人。
(買受人とは市場で競りに参加できる
権利を持った人のこと)

毎日30人程の買受人が競りに参加します。
そのほとんどは、福岡市内の八百屋さん。
(スーパーや量販店には規模的に合わない)

この人数なので、お互いの好みや
(店で売りたいものとか確保したい量)
クセは承知済。

仕入れ量が多いところは
通称”ゾロ買い”(全部買い)もあるので、
仕入れ担当は何気ない会話から探りを入れ、
仮説を立てながら競りに臨んでいるのです。

「昨日は雨が降ったけん、
ほうれん草が全然売れてないったい!」
→今日は買わない??
→大口の〇〇番(買受人の番号)が

買わないなら量に余裕が出るから
安く買えるか??
じゃあ、目玉はほうれん草でいくかな?とか

それに、同じ種類の野菜が
バラバラに並んでいるので、
向こうのクレソンが欲しいけど
量が少ないから、もし取れなかったら
困るな客注入ってるし
→しょうがない、手前でも買っとくかな。とか

「誰か買わんと、競りが進まんよ!
〇〇番買って!」と買わされるとか。

→これは店に帰るとスタッフから
「またこんなに買って・・・」と
イヤな顔をされるパターン(笑)

八百屋は地方市場と、
仲卸業者を組み合わせたり
産直商材と組み合わせながら
その店らしい品揃えをしているんですね。

以上 福岡の地方市場のレポートでした ♪