まつのBLOG ~We like vegetables !

野菜が大好きな貴方に
「もっと野菜を知って頂きたくて。」
「もっともっと好きになって頂きたくて。」
そんな願いが貴方に届きますように。

お久しぶりです!!!

今日は

弊社の産地である”静岡県 野菜くらぶ”さんの収穫祭に
参加させていただきました!!!

私は昨年に引き続き2回目の参加でした。
朝からあいにくの雨。。。
電車を乗り継ぎ菊川の駅に着くと
黄色い派手なジャンパーを着た野菜くらぶの小林さんを発見!
  DSCF0517
小林さんは朝5時に群馬県から来たそうです。

雨だというのに会場に着くと
たくさんのお客様がいらっしゃっていました!!
1番遠くて神戸から参加されてる方も。
まず、野菜くらぶの澤浦社長の挨拶から始まり
  DSCF0518
次に各生産者の方の紹介
野菜くらぶさんは独立農業支援を行っており
今回は野菜くらぶさんで修業して独立された方が多かったです。
そのなかには弊社へレタスなど出荷している塚本さんや深川さんも
見えました。
  P6160006

そのあとは
用意してくださった料理を頂きながら
各テーブルに生産者の方が来てくださり、いろいろとお話しを聞くことが出来ました。
料理は皆さんの圃場でできた野菜(キャベツトマトオクラ茄子ミニトマト、など)を沢山使ってあり
普段はピッキングで触るだけでしたが、実際に食べるのは初めてで
うれしくてたくさん食べてしまいました。
DSCF0524

タイの留学生の方もいて
本場のタイ料理も頂けました。
DSCF0525

私たちのところには野菜くらぶ静岡の
サングレイス農場の杉山さんが来てくださり
杉山さんのトマトに対する情熱や苦労話を聞くことが出来ました。
  DSCF0534

杉山さんはトマトを作っている方で
「今年は本当に大変でしたがやっと一作終わります・・・」
と悪天候に見舞われたり、温度差の問題だったりと
自分の納得のいく野菜を作ることができなかった悔しさも
話していただけました。
普段の現場作業ではわからない、生の声を聞くことができ
大変さが伝わってきました。
DSCF0530

いよいよ、待ちに待った収穫体験です!!

今年は
トマトとうもろこし中玉トマト大根などの
4種類を体験させていただきました。

収穫体験は
生産者の方々に収穫の仕方を丁寧に教えていただき
上手に収穫することができました。
  DSCF0549
収穫したての野菜はいつも食べている野菜よりも
瑞々しく甘くとても美味しかったです
DSCF0571
収穫をしながら栽培方法や野菜の病気など疑問に思ったことは
すぐ質問することができ、
センターでピッキングしている私たちにとって
すごく勉強になることばかりでした!!!
雨など忘れてしまうほど楽しい収穫体験でした。

この感動を私たちだけでなく、
お客様にちゃんと届けなければいけないと
改めて実感しました。

ここで参加した方の感想を
紹介します!!!


初めにサングレイスさんでトマトの収穫を体験しました。とても大きなハウスで二重に戸締まりをするなど害虫や病気が入らないように徹底されていました。自分で収穫したてのトマトを頂きました。太陽の光をあびて美味しくなったトマトは酸味が少なく甘く美味しくかったです。
次にあいにくの雨でしたが露地に移動し、大根とトウモロコシの収穫を体験しました。大根を抜くのはとても力が必要で大変でしたがとても綺麗な大根を収穫することができました。
トマトに続きトウモロコシも収穫したてを丸かじりで頂くことができました。とても甘くジューシーな味わいで美味しく頂きました。
最後に中玉トマトを収穫しました。とても赤く綺麗で味も濃く美味しくなった中玉トマトを沢山頂きました。
収穫祭で生産者の方のお話を聞くことができ、私は、美味しく育った野菜を新鮮なままお客様のもとへ届ける事ができ思いを伝える仕事ができるように頑張ろうと思いました。貴重な体験が出来て本当に良かったです。
西野朱樹

実際に現地を見ると、いつも野菜くらぶから入荷される野菜の本来の姿や栽培方法など学ぶことができました。
また今までは、ピッキングでレタスなどを使い、産地報告をする際、産地と生産者の方のお名前をただ入力しているだけでした。
しかし、今日実際に生産者の方々にお会いし、お話を聞いたりする中で、いつも、まつのに野菜を出荷していただいているありがたみを感じました。
これからは、お名前を入力する際、顔を思い浮かべ感謝の気持ちを忘れないようにしていきたいです。
吉見 茜

初めて収穫祭に参加させて頂きました
生憎の雨でしたが雨など感じさせない元気いっぱいの収穫祭で
皆様の元気を分けて頂いた気がしました。
収穫はみんな泥だらけになりながらでしたが
自分で収穫したものをその場で食べる事ができ、
本来の野菜美味しさを味わうことができました。
また、用意して頂いた、料理は各生産者の野菜を持ち寄りみんな手作りでとても温かみの感じることが出来ました。
その中でも驚いたのはタイの留学生達のタイ料理です
日本風にアレンジしてあったのかとても食べやすく、
女性や子供も多く参加していましたが、甘口、辛口と用意してあり誰でも
食べられるよう気配りも大変すばらしいと感じました。
今回参加させていただき感じたことは
生産者、留学生、みんなで作った収穫祭という事が大変良く伝わってきました。
これからも、生産者の思いをお客様に伝えられるよう頑張っていきたいと思います。

飛田 宏


こんにちは!新入社員の吉見 茜です!
初めて行かせていただいた「一瑳」。
9

黒を基調として落ち着きがあり、高級感溢れる雰囲気に圧倒されました。
少し緊張しましたが、店内に入ると「いらっしゃいませ」と威勢のいい声で出迎えて下さり、緊張がほぐれました。
落ち着いた照明に、洋風の雰囲気を感じます。
私は直接ピッキングしたことはありませんが、納品している野菜などがどのように使われているか、ワクワクしていました。

初めに、

トマトとたこの塩麹マリネをいただきました。
7
薄く切られた、たこの上には、一口サイズのトマト
細かく刻まれたモロヘイヤが乗せられており、初めて食べる組み合わせでした。
トマトの甘さがさっぱりしていて、一口サイズで食べやすいです。
モロヘイヤとたこは塩麹が良く効いており、味付けが濃いめなのでお箸がすすむ一品です。

次にいただいた、新ごぼうのやみつきマウンテンフリットは、
4
揚げたてのごぼうが、本当に山盛りに盛りつけられていて驚きです。
新ごぼうのお菓子みたいな甘みがサクサクとした衣に包まれていて、
野菜を思わせないようなフリットです。
新ごぼうなので、独特の臭みや、芯が残ることもないので、
ごぼうはなかなか食べにくい人でも、気軽に食べられると思います。

日替わり新鮮野菜で和~ニャカウダ~お味噌入り~。
2
待ちに待った新鮮野菜です。
人参、ミニトマト、キュウリ、セロリ、キャベツ、かきな、ロメインレタスなど色とりどりの野菜が顔を揃えていました。
私はまず野菜そのままの味を楽しんでから、ソースをつけていただきました。
人参は生のスティックで、濃厚な甘みが噛んだ瞬間口いっぱいに広がります。
お味噌をつけるとピリッとした辛さが、人参の甘みをより引き立てます。
大胆に切られたキャベツは軽く炙られていて、食べやすくなっていました。
かき菜は、最初見た目が菜の花と思っていましたが
食べてみると、葉の方が甘く、茎になると鼻にツンとくるような辛みがあり、かき菜ということが分かりました。
季節野菜ならではの楽しみです。

デザートに、
イチゴを沢山使ったいろいろベリーのプチパフェ
と大人数で食べられるプロフィットロールをいただきました。

プチパフェは、焼いたクレープの皮でバニラアイスと生クリームが包まれており、
その上にはイチゴのアイスがのっています。
贅沢にのせられたラズベリーとブラックベリーの2色がアクセントになっていて、
スペアミントで全体をまとめていました。

イチゴアイスの上にかかっていたイチゴのソースは
イチゴの形が残っていて、プチプチとした種の食感が楽しめます。
甘酸っぱいアイスと、濃厚な生クリーム
クレープの皮と一緒に食べることで調和して
甘すぎないデザートとしていただくことができました。
8
今回、色々な料理をいただいた中で、
サラダに使われている野菜も
食べやすいように火を通したりするなど一手間かけられていました。
ただ食べやすいようにするだけでなく、素材の味を生かしながら工夫されていたので、
野菜の本当のおいしさが分かると思います。
素材のおいしさをお届けするのは、
わたし達の仕事なので、これからも品質をよく見て、
おいしいものを届けられるよう
ピッキングしていきたいです。

吉見 茜

--------------------------------

1

一嵯はいつも私がピックをしているお店です!
とても活気溢れるお店でした。

いただいたお料理について感想を述べたいと思います!

【日替わり新鮮野菜で和~ニャカウダ ~お味噌入り~】
2 (1)
野菜の味をそのままいかした料理でした。
焼いたお味噌のいい香りが漂い、野菜とお味噌が抜群にマッチしていました。
野菜の味を楽しみたい方におすすめの料理です。

【淡路鶏と日替わり野菜のグリル】
3

お肉はしっかりと味つけされていて、とても美味しかったです。
野菜も素材の味がいかされていました。
じゃがいもは芋そのものの味を楽しめます。
ビーツなど少し珍しい野菜もでてきました。
たくさんの種類の野菜を食べてみたい方には日替わりということもあり、おすすめの一品です。

【新ごぼうのやみつきマウンテンフリット】
4 (1)

ごぼう独特のくせもなく、繊維の感じもしないため、
とても食べやすい料理となっていました。
塩かげんとピリ辛具合が抜群で、
とても美味しかったです。おつまみに最適です。

【苺をたくさん詰め込んだ サクサクストロベリーパイ】
5

名前の通り、苺をふんだんに使った一品です。
生クリームにアイスにカスタードクリームにと、いろんな味が楽しめます。
パイもとても美味しかったです。
甘さの中に苺の爽やかさもあり、とても食べやすかったです。

【プロフィットロール】
6

ボリューム満点の一品です。
生クリームに、アイスの入ったシューがたくさんのっています。
そこにラズベリーなどものっていて、
見た目は豪快ながらとてもかわいいデザインとなっています。
食べ進めていくと、中にはまた新たな味が待っていました。
ふわふわしていてとても美味しかったです。
ぜひ一度はみんなで食べてみてもらいたいです。

私たちの仕事は、時間に追われる仕事で、
毎日時間内にピックを終わらせるために必死です。
私はピックを始めてまだ日が浅いため、
まだ慣れず時間がかかってしまいますが、丁寧にピックをしています。
品質をよく見るように心がけたり、
未納や誤納をださないために確認をしっかりするなど、
基礎的なことをまずこなす。
今の私にはこれが精一杯ですが、一生懸命がんばっています。

鈴木奏愛来 

みなさんこんにちは!
新入社員の吉見 茜です。
2012042020140000
できたてこだわりの讃岐うどんの丸亀製麺さんで
毎年恒例のすりたておろしフェアが始まりましたので早速食べてきました!
数日前、トリドールさんの大根のパッキング作業をしていた時、
今日はいつもの倍近くの出荷量と聞きました。
なぜ増えたのか気になってホームページを見てみると、
丸亀製麺で「すりたておろしフェア」が始まろうとしていました。
広告には、
大根を自分ですりおろす
と書かれており、
私が今パッキングしている大根はどのようにお店で使われているのか、
お店ですりおろされている大根と自分ですりおろす大根の味はどう違うのか、興味を持ったのがきっかけです。
丸亀製麺さんに行くのは初めてだったので緊張しましたが
明るいお店の雰囲気と、優しい店員さんにどこか懐かしい田舎の雰囲気を感じました。
カウンターで注文するセルフ方式で、
2012042019190000
もちろん注文したものは、
「すりたておろしぶっかけうどん」
2012042019220001
大根が半分
おろし器と一緒についてきます
なめこと青ネギを添えていただきました。
初めていただいた丸亀製麺さんの麺は、モチモチしていて噛みごたえがよく喉ごしが良かったです。
国産小麦を使われいて、お店で麺を作られていると知り、他の店とは違うこだわりの味と伺えました。
出汁も麺とよく合い、辛すぎず、味がしっかり口に広がりました。
そして自分で大根をすりおろしていると、ただ食べるだけでなく、
2012042019240002
ひと手間かける美味しさが味わえました。
2012042019280000
すりたての大根は、とてもみずみずしく、ほんのり辛味があり新鮮さが感じられます
しっかり味わいながらもペロリとたいらげてしまいました。
2012042019290000
こだわりのうどんで、しかも安くて美味しいので、また食べに行きたいです。
今回丸亀製麺で実際に食べて、
パッキングする際には大根などの品質を十分にチェックしなければならないと改めて感じました。
お店で大根を切る時にどういう大根が喜ばれるか、
お客様が大根をすりおろす時にどういう大根だったら嬉しいか、
今まで以上に考えて大根を見ていかなければなりません。
みなさんに喜ばれる商品を提供できるように、見る目を養っていきたいです。

吉見 茜
------------------------------------------------------------

柿崎恵理です!
私は、丸亀製麺の数あるメニューの中での
「とろ玉うどん
2012042019220002
を食べさせて頂きました。
とろ玉うどんとは長芋のすりおろししたものと温泉卵がうどんの上にのっかってます。
味は、とてもなめらかで、
女性の方でも軽く食べられるので私としては、おすすめいたします。
私は、まだ試していないのですが醤油一滴たらしてみても、味が変わっておいしいっと思います。
私も大根をすりおろしてみました!
2012042019240003
あとは、天ぷらを頼みました。
天ぷらは、野菜かき揚げとカボチャ天を頼みました。
野菜のかき揚げでは、玉ねぎやにんじんの千切りされたのが
沢山入っていてボリューム満点!
とくに玉ねぎの甘味が味わえて、醤油をかけなくてもおいしいです。
カボチャ天では、
カボチャの甘味がすごく出ていて、
お菓子のような感覚で食べられます。

柿崎恵理
2012042019230002

本日行われた「いばらぎ食彩フェア」について報告します!

このフェアには
茨城県のたくさんの
生産者の方が参加なさっており、
多くの野菜や生産者の方とふれあうことができました。


今回の出展された生産者さんの約半分が
いちごの栽培をされていて
会場全体がいちごの色で赤く色鮮やかでした!!!

いちごを出展されていた生産者の方の中で
お話を伺うことができたところを
紹介します!!

1つ目は
「幸せを運ぶイチゴ」と題して
真っ赤なイチゴと
あまり見かけないホワイトイチゴ「初恋の香り」
セットで販売しているストロベリーフィールズさんです。
栽培する時もとてもこだわりをもっている生産者さんで、
イチゴに与える栄養素や土壌にとてもこだわりをもっているからこそ
数少ないホワイトイチゴ「初恋の香り」の栽培に
成功したのだと感じました!!!!

P2230104
2つ目は
「いばらキッス」という茨城県で栽培されている
比較的新しい品種を
広めようといている茨城県農林水産部さんです。
いばらキッスは
「とちおとめ」を母親に
「ひたち一号」を父親として
交配してできたイチゴです。

P2230093
とても甘く濃厚
一口食べただけでも口の中に
果汁と美味しさが広がります!
このいばらキッスを作るのに
8年かかったというお話も伺うことができて
生産者さんの苦労も
私たちが仕事をする中で考えて
仕事をしないといけないことを
改めて実感しました。
P2230094

イチゴ以外にも
食用ほうずきや国産ブルーベリーを
栽培されている生産者さんも参加しており、
とても興味のあるところなので、
今度見学させていただく約束も
させていただきました!!!

↑このページのトップヘ